原発避難者訴訟で東電と国に賠償命じる判決が出たことについて

東京電力福島第一原発事故に伴う影響で福島県から群馬県に避難した住民たちに裁判所が下した判断は東京電力と国に3855万円の賠償金を支払うとするものでした。この裁判に関して同様の訴訟を起こしている人が12000人いるということで注目されています。

http://blog.goo.ne.jp/torl_001/e/3277947ced220b171dea476c6c43a6e5

裁判の結果について

地震、津波という天災によって起きた事故です。そして放射能汚染という日本では今まで起こったことのない事故でした。この未知ともいえる出来事に責任を東京電力と国に求めたことについて考えると原発は人間が制御できないもので、必要ないものととらえました。元々原発は政府が推進したものです。

それに電力会社が運営を行っているものです。別のニュースでは東芝が原発事業から撤退という記事を見て、日本の大手製造メーカーが作り、大手電力会社が運営すると言う日本の誇る代物であると思います。しかしこれを完全否定した判決に国家戦略と現実のギャップを感じました。裁判所は天災でなく人災であると判断したように思います。

 

今後の原発について

政府はいまだに原発の再稼働を推し進めています。世界を見ると福島の事故により、原発推進をやめた国が多くあります。原発が停止している間、電力不足が大きく騒がれましたが、問題は発生せず、逆に事故処理費用や廃炉費用負担のため電気量の値上げをしました。

すると今度はオールナイト運営の店舗を展開する企業は、人手不足と電気料金アップなどの経費高騰などを理由に深夜営業を次々止めています。このような現状を考えると原発の必要性を疑います。再び事故が起きると多くの住民を苦しめます。更に国や電力会社が責任を負わされると思います。もっと安全な発電にシフトしてゆく方が自然な流れだと思います。

最後に

東北の地震により発生した津波で原子力発電所が爆発し今回の裁判結果になりました。一番安全な発電、一番お金のかからない発電というのがうたい文句だった原発神話が崩れました。そして司法にも否定されました。それでも政府は地震だけを想定して再稼働を目指しています。他にもテロなどの危険は多く存在します。今問題になっている豊洲市場も本質は同じように思えます。いまだに収束しない原発事故を振り返って、危険な原発はやめるべきだと考えました。

実は野党が仕組んだかのようにも見える森友学園問題

http://www.sankei.com/politics/news/170403/plt1704030003-n1.html

最近、大変お騒がせな森友学園問題ですが、実は野党の陰謀ではないかとも思えてきました。与野党一緒に合同で視察した議員団が、自民党を除いて、籠池さんの自宅にわざわざ行きました。

その後撮った野党と籠池さんの写真が、集合写真を撮ったかのような写真で思わず笑ってしまいました。

「これから安倍首相を追い込みます」と野党が気合いを入れる中、そこに籠池さんがいるのは本来おかしいことです。犯人と警察が一緒に「悪いヤツを懲らしめます」というのは、どうみても不自然な絵面です。

犯人を指差して「悪いヤツお前やん!」とツッコミたくなりました。まるで、野党が籠池さんと仕組んで、安倍首相を陥れたように見えました。

まるで韓国ドラマを見ているような今回の森友学園問題

韓国のドラマの人達は、良くも悪くもやることが大げさで、かつ露骨な印象があります。同時にそのおかげでストーリーにメリハリが出て面白いのですが…。

「安倍首相から100万円貰った」等、まさにこの露骨さを表す典型です。賄賂や便宜を図ったといった罪状は、韓国ドラマでは常套手段です。
それが真実か陰謀かは置いといて…。

また、韓国ドラマはやったらやり返すのが原則のような作品が多いのです。

なのでそういう風に今の森友学園問題を見てしまいます。個人的には、安倍首相は法的に何か問題のあることはしてないのだと信じたいです。やる意味を感じられませんし、普通は逆でしょう。どこぞの県議や議員宛に行ったように、「籠池さんが」渡すならまだ分かります。

真相解明を早急に!政策優先を!

とはいえ、恐らく安倍首相も籠池さんとグレーな何かしらの接点はあったのだと思います。でもそれすらも消そうとしたので、籠池さんが自暴自棄になって、報復したようにも見えます。「私を見捨てるなら、みんな道連れだ。(あることないこと)何もかもバラしてやる」と言った感じにです。

籠池さんの発言等を聞いていると、どこまでか本当なのかよくわかりません。笑ってしまう程に、面白い発言がポンポン出てきます。

とは言え、この問題で国会の審議が止まり、やるべき政策決定が進まないのは大問題で笑っていられません。早く証人喚問をやって事実を明白にしてほしいものです。

ヤマト運輸への申し訳ない気持ちと漠然とした不安

ヤマト運輸の過酷な労働実態が日々明らかになっていきます。そんなニュースも多く、様々な問題や課題が紹介されています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170320-00163667-toyo-bus_all

そもそも多すぎるヤマト運輸の配達量

佐川急便がAmazonの荷物は配達しないと決めていらい、その分はヤマト運輸に回ってきました。そのせいもあってヤマト運輸のトラックはAmazonの箱ばかり。

かくいう私も四六時中Amazonを使います。一応は気を遣って、まとめて買うようにはしているのですが、商品の発送元が違うものがあるようで、結局バラバラになったり、いくつもの箱で届きます。

あのやり方では確かに配達は大変だと思います。しかも小さい商品でもデカイ箱…。効率も悪いことでしょう。

正直小さいものは、自宅の郵便受けのポストに投函される形式でも全然構いません。というか配送業者にとっても購入者にとってもその方が良いでしょう。

再配達の心配もありません。宅配ボックスを自宅に設置できる人というのは限られるので、これが今の所現実的です。

ヤマト運輸の再配達問題、関係ないとは言えない

「誰だ何回も再配達させる奴は!?」と言われたら、自分も十分そんな奴に入ります…。というかそうならざるを得ないのです。初めから時間指定ができれば良いのですが、必ずしもできません。

また、ヤマト運輸の受け取り時間指定のサービスに登録しても、結局それをすり抜けてしまう荷物もあるのです。ちなみに、我が家では全員の荷物を20~21時指定に登録してあります。

ですが、この時間帯もネックのようです。この時間帯の利用が多いようで、ヤマト運輸の改革ではこの時間帯は廃止になるようです。普通に仕事している人にとって、どうしてもこの時間帯が都合良いので、利用者も多いのでしょう。ヤマト運輸にとっては、大変な時間の1つなのでしょう。

ヤマト運輸の配達員さんが大変なのはわかった。でも…。

ヤマト運輸の配達員さんが大変なのは連日のニュース等でよくわかりました。なので、対策をしてあげるべきだと思います。

個人の対策としては、お金があるなら宅配ボックスを設置するのも良いですし、コンビニ受け取りやロッカー受け取りの利用するのも良いのでしょう。また決して居留守を使うなんてこともやめるべきでしょう。

とはいえ、サービスが落ちるのは若干不安があります。先ほど言った、指定が集中する時間帯の廃止は仕方ないことです。でもそうなると他の時間に集中がしそうですし、その時間で自分達が受け取れるかも不安です。

また全般の送料があがると、正直別の業者を考えざるを得ないこともあるでしょう。何か荷物を送りたいと思った時、ヤマト運輸だけ高くなると、どうしても他の業者に頼まざるを得なくなってしまいます。

配達員さんが大変なのはわかるだけに、色々とジレンマがあります。